オイルクレンジングがダメな3つの理由

こんにちは。ヤマノけやき台サロン ともみです。
日差しはすっかり夏ですね。
5月だと思って、うかつに外に出ると、一気に日焼けしてしまう、要注意な季節です。

スキンケアでは、クレンジングと、洗顔が最も重要!と言っても過言ではないですが、『オイルクレンジング』があまり良くないというのには、理由があります。

1.洗浄力が高いオイルクレンジングは、界面活性剤が多く含まれ、お肌への負担が大きい。
2.お肌に必要な油分まで取り除き、乾燥をすすめてしまう。
3.すすぎが不十分で、毛穴に残ったオイル分は、酸化し、肌の老化を進めるとともに、黒ずみくすみの原因となり、さらに毛穴を開かせ肌が固くなる

オイルクレンジングは、しっかりとした日焼け止めを塗ったときや、しっかりメイクした時。など、強い洗浄が必要な時のみとするのがお勧め。

そして、いつも以上にすすぎをしっかりと、洗い残しをなくして、その後、ヤマノの泥洗顔や泥パックで、肌に負担なく、汚れを吸着して取り除くのがお勧めです!

サロンでも、毛穴が開き固くなった方が、泥を使ったお手入れで、次第に白く柔らかい本来の肌を取り戻していらっしゃいます。

【ヤマノけやき台サロン Olive*green】
℡070-2324-1311
ご予約お問い合わせはこちらか